非ホジキンリンパ腫の関連情報

非ホジキンリンパ腫は血液細胞の一種である白血球は、さらに何種類かの細胞に分けレビトラられますが、そのうちのリンパ球とよばれる細胞が腫瘍化した病気で、腫瘍化したリンパ球が身体のなかで塊を作る場合に「悪性リンパ腫」、骨髄中で増えて血液中をまわる時に「リンパ性白血病」と表現します。しかし、これらは厳密に区別できな い場合もあります。
非ホジキンリンパ腫の病気が及ぶ場所はリンパ節が多いのですが、皮膚、脳、眼、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、乳腺、肺、縦隔、胸膜、胃、小腸、大腸、肝、脾、睾丸、卵巣、骨など、全身のあらゆる臓器に発生する場合があります。

頚部、わきの下、足の付け根などのリンパ節が腫れてくることが多く、通常は痛みを伴いません。病気が全身に広がるタイプでは、発熱や体重減少、寝汗、身体 のだるさ、痒みなどが見られることもあります。リンパ節以外の臓器に発生する悪性リンパ腫の場合は、その部位が腫れてきたり,媚薬健康診断の際のX線検査に よって悪性リンパ腫が偶然発見される場合もあります。
病期は4つに分かれます。
I期:
右の頚部、左のわきの下など、一つのリンパ節領域のみのリンパ節が腫れている
II期:
上半身もしくは下半身のみの2ヶ所以上のリンパ節領域が侵されている
III期:
上半身、下半身の両方のリンパ節領域が侵されている
IV期:
臓器を侵していたり、骨髄や血液中に悪性細胞が広がっている

糖尿病の血糖値について

効果的に痩せるダイエット方法ご紹介

男性性病の種類について

Copyright© 2012-2013 非ホジキンリンパ腫改善対策情報について All Rights Reserved.